クレンブテロール,塩酸塩,スピロテロール,効果

クレンブテロール塩酸塩(スピロテロール)の効果-ダイエットに使える!減量効果の秘密-

クレンブテロール(スピロテロール)の効果にあ3つの特徴がある。

・筋肉増量
・体脂肪率が減る
・減量時にカタボリックになりにくく筋量を維持できる

クレンブ自体は、筋トレやボディメイクのための話の中でよく出て来るので、AS(アナボリックステロイド)と間違えられやすい。

なんと!クレンブテロール(スピロテロール)はASではなく気管支炎のクスリなのだ。

ここからは喘息などの改善に利用されていた有効成分クレンブテロール配合の薬品のダイエットや減量効果について書いていきます。

クレンブテロール塩酸塩(スピロテロール)効果はβ2アドレナリン受容体に秘密が!元は気管支炎のクスリ

クレンブテロール(スピロテロール)は、気管支炎や気管支喘息などの治療に使われる薬。

国内ではトニールやスピロペントという薬品名で流通している。

クレンブテロールの有効成分がβ2アドレナリン受容体を刺激して、気管支の筋肉を緩ませることで、咳や喘息が楽になる。

そのβ2アドレナリン受容体だが、もう1つのメカニズムがある。

β2アドレナリン受容体はカラダ全体の代謝を高め、脂肪が分解されやすい(燃焼されやすい)状態を作り出す。

これがクレンブテロールがダイエットや減量に効果的と言われる秘密だ。

クレンブテロール(スピロテロール)の服用を続けながら筋トレなどをすれば、脂肪がドンドン分解されてエネルギーとして燃焼されていく。

クレンブテロール塩酸塩(スピロテロール)で筋肉量もアップ

クレンブテロール(スピロテロール)に次のようなものがある。

薬品開発時の実験結果

・一般成人男性へ3週間の投与 → 2週間目で12%、3週間目で22%の筋肉量の増加

・心臓病の患者に投与+筋トレ → 筋肉量のアップと体脂肪率の低下

・足のケガの患者に4週間の投与 → 筋肉の回復のスピードが同症状の患者例と比べて著しく早い

これらの結果から、クレンブテロール(スピロテロール)は服用することで筋肉増量の効果も期待できることから、スポーツ選手やボディビルダーにも使われるようになった。

※筋量アップや副作用対策のケア剤もいいが、クレンブテロール(スピロテロール)服用期間中に電解質を補充するためにアクエリアスやポカリスエットを飲むのが良いみたい。必須アミノ酸は含まれているし、カリウムなども入ってるので変にサプリを摂るよりも楽チン。

クレンブテロール以外のAS(アナボリックステロイド)の効果についてはココで。


TOPに戻る

クレンブテロール塩酸塩(スピロテロール)は減量時にカタボリックになりにくい

ダイエットや体重を減らす目的でクレンブテロール(スピロテロール)使う場合に、食事の量の制限やカロリーコントロールをするよな?

体重を減らす、体脂肪を減らすというだけなら、食事制限のみで体重は減っていくし、クレンブテロール(スピロテロール)を服用すればさらに減量効果が出る。

しかし、食事制限をしてふだんよりも栄養が少ない状態におちいると、カタボリックと言って(カラダ自身が)筋肉をエネルギーに変えてしまうという現象が起きやすい。

そうなると、せっかく体重が減っても同時に筋肉も減ることになる。

そのカタボリックの作用が起きにくく筋量維持や増加を果たすのがスピロテロールってワケだ。

クレンブテロール(スピロテロール)なら筋量を落とすことなく体重や体脂肪を落とすことが可能と言われてるのはそういうことだ。

スピロテロール40mcg

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スピロテロールを最安値で購入

もちろん薬である以上は万能ではないしデメリットもある。その辺りやクレンブ、筋量増加でポピュラーなAS(アナボリックステロイド)などについては下の記事を読んでみてくれ。

スピロテロールを安く購入するための方法や他のポピュラーなASについての記事はこちら。



TOPに戻る

  1. クレンブテロール塩酸塩,スピロテロール,副作用,デメリット
  2. クレンブテロール塩酸塩,スピロテロール,飲み方,サイクル
  3. クレンブテロール塩酸塩,スピロテロール,セレブ,有名人,スポーツ選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP